top 歌 集 読書録 植 物 愛 蔵本 韓 国 リンク集 掲示板


Morris.日乘2016年2月

Morris.の日記です。読書控え、散策報告、友人知人の動向他雑多です。新着/更新ページの告知もここでやります。


 

今月の標語

腐國供兵


【2016年】 1月
【2015年】
12月  11月  10月 9月 8月 7月  6月 5月 4月 3月  2月  1月

2016/02/29(月)●中国道新見岡山方面
4時半起床。
今朝の血圧は180/85/82。
JR灘駅南に秋本くんに拾ってもらい、途中としろうも拾って、延々中国道走って、新見市のタイ向けピックアップ現場。
午前中になんとか作業終えて、としろうと二人、岡山市内のベトナム向けピックアップ現場。昼飯抜きで3時作業終了。丸亀製麺で遅い昼食。
帰り道iPhoneでMorris.部屋覗いたら、カウンターがキリ番(500000)になってた。Morris.部屋始めてもう17年になる。いまどき人気ブログなら、一日50万カウントなんてざらだろう。もちろんそんなのと比べるつもりもないが、これだけ長期間継続してる(ほぼ毎日)ことだけは、なかなかのものだと自慢しておこう(^_^;)
今夜のKBS歌謡舞台は、なぜかプログラムが更新されてないので、今夜は見るだけにして、後日紹介しよう。
今日の歩数は40023歩。


早朝の中国道 

安富SA 

朝霧の中国道 

霞か雲か 

新見の祠 

新見の石仏 

岡山方面は晴 

工場煙突 

総社付近 

岡山路面電車 

同じく 

Morris.部屋50万アカウント 


2016/02/28(日)●長居方面
6時半起床。
今朝の血圧は175/85/71。
JR住吉駅8時にトラック待ち合わせ予定だったので、7時半の電車に乗ろうとホームに行ったら人身事故でSTOPのアナウンスが。連絡して阪神岩屋から魚崎でトラックに拾ってもらい、大阪東住吉区湯里のピックアップ現場に。午前中に荷物引取、阿倍野の実家に冷蔵庫、洗濯機などローカル配達して、JR住吉でおろしてもらい3時前帰宅。
住吉のスーパーで五木食品の「火の国熊本とんこつラーメン」買ってみる。微ニ入ルソウルの杉山さんが絶賛してたからだ。
早速作ってみたが、麺は乾麺で、液状濃厚スープというのが売り、らしい。たしかにインスタントのスープとは思えないくらいの味だった。でも、Morris.はやっぱり熊本ラーメンより博多ラーメンのスープが好みである。
今日はぽかぽか暖かいので、3時過ぎにミニギター持って青谷公園に。たしかに暖かい。コートも脱いで歌ってたら、小柄のおじさんがやってきて、いろいろ話しかける。ラテンの曲はできないか、というので、ヒョンインの「ベサメ・ムーチョ」やったら、一緒に歌ってくれた。75歳で最近心臓の手術したばかりとのことだが、えらく元気で、別れ際に握手したら、すごい力で、ちょっとびっくり。
5時半帰宅。
今日の歩数は4157歩。


湯里の螺旋階段 

冬の薔薇 

五木の熊本ラーメン 

【新編 身近な樹木ウォッチング】 ★★★☆ 2001/06/27 淡交社
「新版」とあるが、1990年に発行されたものを全面改訂したものらしい。著者や編者の名前は無く、奥付の上の方に「企画・編集 株式会社 雅麗」と記してある。
「まず基本170種を覚えよう」というのが副題というか、きゃっちフレーズだろう。このところ、樹木の名を覚えたいtと、数冊の類書を見てるが、これは今まで見た中では一番とっつきやすかった。

・まず街路樹を覚えよう
・春の花木
・主要高木をマスターする
・葉で見分けるポイント
・春から夏の花木
・秋の木の実と紅葉
・植物園・公園を活用する
・野山にでかけよう
・冬の樹木観察


おおまかに以上のように区分け、見開きで数種の樹木を一括りにして紹介。学問的というより、わかりやすさ重視の方針のようだ。

・ニレやケヤキ、エノキやムクノキなど、ニレ科の樹木に共通しているのは、葉がきわめてザラザラしていること。
・長さ20cm以上の大きな単葉を持つ樹木は、都会では、プラタナス、トチノキ、アオギリ、キリ、ホオノキくらいなmのである。
・新芽・幼葉が赤い樹木はカナメモチ、オオバベニガシワ、アカメガシワなど。
・葉柄に翼がついたユズやカラタチ


こういった、ちょっとした知識も、それなりに役に立つ

[単葉のかたちによる検索]
・三角形--ナンキンハゼ、シラカバ
・菱型--マンサク
・円型--ハクウンボク、オオバベニガシワ
・ハート型--クワ、ハナズオウ、イイギリ、アカメガシワ、ボダイジュ、カツラ
・扇型--イチョウ
・卵型--ソメイヨシノ、サンシュユ、クスノキ、マサキ、ブナ
・逆卵型--モクレン、トベラ、サンゴジュ、カシワ、コナラ、リョウブ
・楕円形--サルスベリ、ミズキ、ツバキ
・長楕円形--タイサンボク、ホオノキ、タラヨウ、アオキ
・楕円形(葉先が尾状)--ケヤキ、シイ、ムラサキシキブ
・細長い--シダレヤナギ、ヤマモモ、シラカシ、クヌギ、キョウチクトウ、ビワ
・線状・針型--スギ、カヤ、マツ、ヒマラヤスギ、カラマツ、モミ、ツガ
・鱗状--ヒノキ、カイヅカイブキ

[分裂葉の数による検索]
・3裂--タイワンフウ、トウカエデ、ハナノキ
・3~5裂--モミジバフウ、アオギリ、イチジク、ヤブサンザシ
・5~7裂--プラタナス、イロハモミジ
・7~9裂--ハリギリ、ヤツデ

[複葉の形による検索]
・3出複葉--カクレミノ、ミツバツツジ、ボタン、カラタチ、ハギ
・5出複葉--アケビ、ムベ
・多出掌状複葉--トチノキ
・奇数羽状複葉--エンジュ、ニセアカシア、トネリコ、シンジュ、キハダ、ヒイラギナンテン、ヌルデ、フジ、ハゼノキ、バラ、ナナカマド
・偶数羽状複葉--ムクロジ
・2回奇数羽状複葉--センダン、エニシダ、ナンテン
・2回偶数羽状複葉--サイカチ、ネムノキ


樹木の場合、やっぱり、葉の形や付き方で見分けるのがポイントのようだ。ヴィジュアルなしではピンとこないかもしれないが、それぞれの代表種を把握するだけでも参考になりそう。
首都圏の読者を意識した編集らしく、東京並木道・街路樹マップとか、東京植物園ガイドとか、東京近郊ガイドが多いのが、ちょっと関西在住のMorris.には残念だった。

2016/02/27(土)●シリア停戦
7時起床。
今朝の血圧は194/96/69。
ピーターバラカンのウィークエンド・サンシャイン。今日はちょっとブルージーな曲が多かったので、ついつい最後まで聴いてしまった。
例のiPhoneアプリShazamで、曲名チェックしたらほぼ100%ヒットする。しかも、たいていは動画や歌詞も見ることができる。10年前には考えられれないことだ。韓国歌謡は歌詞は出ないし、マイナーな曲は登録されてないようだ。
昼から小雨模様になったので部屋ゴロ。
夕方ちょこっと水道筋に買い物に出た以外はほとんど部屋で過ごした。
米ロの肝いりで、シリアで停戦が発効した模様。暫定的なものだし、イスラム国などは停戦とは無関係のようだが、なにはともあれ、戦闘が一時的にしろ止まることは望ましいことではある。
今日の歩数は2522歩。


躑躅 

冬の薔薇 

水道筋駐車場猫C? 

照光寺クロ 

水道筋南の白黒 

阪急駅前TSUTAYAがセブンイレブンに 

【バックストリート】逢坂剛 ★★☆☆
2013/06/25 毎日新聞社 初出「サンデー毎日」2011-13
「イベリアシリーズ」7冊を読み終えて、もうこの人のものは、いいかと思ってたのだが、装丁がイベリアシリーズと同じで、表紙にフラメンコの絵があったので、スペイン絡みのものかとつい手にとった。
岡坂神策シリーズの一冊らしい。主人公は、現代調査研究所所長という肩書で、著述業もやっていて、著者自身を投影した部分が大きいらしい。
フラメンコの店で出会った踊り子たちとのやりとりから始まり、ひとしきりフラメンコ談義があったと思ったら、突然ドイツ新ロマン派の薀蓄になったり、卵子提供をめぐる裏取引、過激派の破壊活動を調査する公安がからんだり、実にとりとめのない物語だった。発表媒体に合わせてなのか、東京のグルメガイドみたいな部分があったり、中年主人公がやたら持てたりと、どうでもいいサービス過剰も目についた。

唯一の長編小説『ミハエル・コールハースの運命』は、復讐の念に凝り固まった馬喰の生涯を、ほとんど心理描写なしに行動だけで描き出し、すさまじい迫力を生む。
事実のみを、畳みかけて叙述するそのスタイルは、20世紀になってダシール・ハメットが、『マルタの鷹』や『ガラスの鍵』で取り入れた手法と、相通じるものがあるような気がする。
もしかすると、クライストは表現様式、技法としてのハードボイルドの創始者、といっていいかもしれない。


日本ではあまり馴染みのないクライストを、紹介しながら、ハードボイルドに強引につなげるあたり、いかにも自慢ぽいが、本書の文体はまるで、その反対である。

原稿を仕上げるのに、わたしはとうに生産が終了したワープロを、いまだに使用している。
それを、編集者の手元に届けるためには、ちょっとした手順が必要になる。
フロッピに保存した原稿を、パソコンに搭載した専用ソフトで、ワードないしテキスト文書に変換する。
変換した文書を、ハードディスクに記憶させたあと、メールに添付して先方に送るのだ。
手間はかかるが、ほかに方法がない。
日本語入力に関する限り、パソコン用のソフトはワープロに、遠く及ばない。返還能力も処理機能も、いちじるしく劣る。
キーボード自体が、日本語入力を前提に作られたものではないから、使い勝手が悪いのだ。
パソコン用の、フロッピ読み込み返還用のソフトも、市場から姿を消しつつある。
要するに、ワープロの命運はすでに尽きており、わたしのような使い方も所詮は、一時しのぎにすぎない。
まさに、風前のともしびといってよい。


これは、絶対作者のことだろうと、ネットで検索したら、本書出版当時の対談(2013年4月23日)で、こんなこと言ってた。

小説を書くには、40年近く、SHARPの「書院」を使っています。これはいちばん最後に売り出されたビジネス用の、130万円ぐらいした機械を、20年以上前に3台まとめて買いました。画面がそのままA4になっている大きいやつが3台に、もっと小さいやつが2台。これだけあれば一生大丈夫だろうというぐらい買いだめして、貸倉庫に預けたりしています。
 パソコンというのは日本語を打つようにはできていないんです。あれはアルファベットの26文字しかない、向こうの人たちが作ったおもちゃみたいなものですから、私はあまり信頼しておりません。字を書くにはワープロでないとダメですね。


Morris.が最初にワープロ買ったのが1979年だから、それより5,6年前からワープロ使ってたということになるのだろう。パソコン導入が92年だから、Morris.のワープロ専用機時代は12年間だったということになる。最初がCASIOで、後はSONYのプロデュースシリーズ(たぶん4台くらい買い換えた)。それにしても、20年以上前の130万円の「書院」を3台買うというのは、どう考えても無謀な買い物だったと思う。
まだ「書院」使い続けてるのだろうか。SHARPの台湾身売りには複雑な思いを抱いてるに違いない。

2016/02/26(金)226から80年●
8時半起床。
今朝の血圧は165/87/66。
今週の「ア・ピース・オブ警句」は「タービンを回す前に」というタイトルで原発テーマだった。原発を「えんがちょ」扱いしたり、飼い殺しの団塊社員に喩える導入からしていまいち切れ味が悪かった。当人が「うんざりしながら」語るのだから仕方ないのかもしれない。もちろん小田嶋は原発再稼動には反対だし、40年超えの高濱原発審査通過、メルトダウン隠し、ソウルの福島フェア中止などをネタに、まっとうな意見を述べてるのだが、それらを論議する事自体がやりにくくなってる「空気」に弱気になってる。ただ、40年超え問題で引用されてた讀賣新聞の2月25日の社説には、呆れてしまった。
タイトルからして「
原発40年超運転 「時間切れ廃炉」や許されない」だもんなあ。40年ルールを始めから無視している。

そもそも、原発の運転期間を40年としたルールに科学的根拠はない。原子炉等規制法を再度、見直すべきだろう。
発電コストなどに優れた原発の活用は、日本経済の再生に欠かせない。原発を主要電源として活用し続けることが重要である。
政府は、安全が確認できた原発の運転延長だけでなく、新増設の方針を明確に打ち出すべきだ。


日本で販売部数トップの新聞の社説で、こんなことを書いてるのか(>_<)
ニュースは、昨日の梅田の暴走事故と、シャープの台湾企業吸収と、民主・維新合流。
選挙を前にして、「民主党」のイメージダウンをかわすためにも、新党結成はやむを得ないと思うのだが、新しい党名はかなり大きな意味を持つ。「民主」という語を残すか否かがもんだいになってるが、もう、「民主」にこだわるべきではないだろう。まして「民主自由党」なんてのは問題外である。
午後は王子動物園。一番北側高台のベンチでミニギター(^_^;) 今日はヒョンインの「新羅の月夜」を集中練習。前奏の速弾きがMorris.にはかなり難しい。テンポを少し落として徐々に速くしていくべきなのだろうが、そうすると何か間延びした感じがする。このところさぼってるペンタトニック・スケール練習にもどるべきかもしれない。
水道筋のマルハチでかいものして4時半帰宅。
今日は226事件から80年目になるとのこと。青年将校のクーデター未遂ということになっているが、これを軍部が利用して議会に食い込み、いわゆる軍事政権に移行していくきっかけになった。当時の時代状況は何か今と似てるような気もする。
今日の歩数は2807歩。


今日のまぬう 

尉鶲(じょうびたき) 

ライオン 

アムールヒョウ生後10ヶ月セイラ 

駝鳥 

花簪(はなかんざし) 

【首折り男のための協奏曲】伊坂幸太郎 ★★★ 2014・01・30新潮社
2008年から2012年に複数の雑誌に掲載された7つの短編に手を加えて、ゆるい関連のあるオムニバス短編に仕立てたもの。

「感情に任せて、攻撃を仕掛けるよりも、落ち着いて冷静に考えるほうが人間らしいです」
「人間らしい、か」黒澤はその言葉の意味を噛み砕くようにゆっくりと口にした。「いや、人間も動物と同じだろう。冷静に論理的に行動するばかりではない。ローレンツが引用した、『軍旗がひるがえると、理性がラッパを鳴らす』というウクライナの諺は、動物にも人間にも当てはまる」
ラッパ? それ、どういうことですか」
「熱狂こそが、攻撃性を生み出す。そして一番、熱狂を生み出すために簡単なのは」黒澤は表情を崩さず、言う。「敵を作ることだ。俺たちはこのままではやばいぜ、このままだとやられてしまうぞ、と恐怖を煽る。怒りは一過性だが、恐怖は継続する。恐怖に立ち向かうために、熱狂が生まれる。さらに言えば、敵自体はいなくてもいいんだ。ローレンツも言っている。架空の敵を用意して、旗を振れば、理性がラッパを鳴らす。そういう仕組みだ」(「人間らしく」)


伊坂作品ではよくあるパタン。ある本を読み込んでそれを本文の中で利用するのだが、これは『攻撃--悪の自然誌』コンラート・ローレンツ著 日高敏隆・久保和彦訳(みすず書房)からのもの。ローレンツは「ソロモンの指環」しか読んでないが、動物行動学という学問を知らしめた先駆者である。「攻撃を生み出すのが恐怖」というのは、ローレンツが言い出したのかはっきりしないが、一つの真理であるな。

「いや、俺は歴史とかは全然詳しくなくて」
「物書きのくせにか」
「そうだ」
「どうせ、おまえはあれだろう、パソコンで原稿をかいているんだろうから、自分が書けないような感じを、作品でしれっと使ってるんだろう」
認めざるを得なかった。自分の本をめくってみれば、私が書けない漢字がぎっしり詰まっている。(「相談役の話」)


書ける漢字と読める(見て理解できる)漢字の差があるのは当たり前だ、と、思いたい。

わたしは釈明を試みる。私は恋人一筋のつもりだったのだが、その彼女がよりによって自分の誕生日に別の男とピアノコンサートに行く予定を入れていた。不憫に思った友人の井上が、開催する予定のあった合コンに誘ってくれたのだ、と早口で説明する。それに対する江川美鈴の返事はもっともなものではあった。「彼女がたった一日、男友達と遊びに行っただけで、合コンに行くとは常人の理解を超えている。妻が妊娠しているから浮気をしてもいいと主張することよりも、ひどい」

これは、最近不倫で議員辞職した宮崎某のことを思い出させたので……(^_^;)

合コン時におけるおしぼりサイン(男性用?)
食事中さりげなく、手を拭い、丁寧に筒状にして、それを置く際の向きが、「狙っている」女性を指し示す。途中で自分の目標が変わった場合にも随時、それを表現できる。
どの女性も好みでない時は綺麗に畳んでその場に置く。
複数の女性が好みの場合、おしぼりをくしゃくしゃに置く。

なるほど、っても、女性は女性で違った対応策を講じてくるんじゃなかろうか。

「人間の身体は上から下へ行くほど、原始的になっていくのだ」と、知り合いの男が言っていたのを思い出した。脳から顔面、首から胸、そして内蔵、生殖器と位置が下るほどに理性がなくなり、動物的な回路で動いていくのだ、と。そう考えればわたしの感じているこの怒りは、論理的な、理屈じみたものではなく、動物的な、言ってしまえば純粋なものを起源としているのではないだろうか。

形而上学とか形而下とかいう言葉は、今やほとんど死語になったような気配だが、Morris.若かりし頃は結構、あちこちで幅を利かせていた。

「同情してほしくて、加藤さんのところに来たわけじゃないんですよ」泣くのを堪えた小学生のような表情で、彼女は言った。「こんなの大したことじゃないって分かってるんですよねえ」
「うんうん」
「ほら、こうしている今だって、どこかで急病の人がいたり、危篤の人がいたり、もっと言っちゃえば、どこかの国とかで飢えとか寒さとかで震えている子供とかいるじゃないですか」彼女は店の外を指差し、そちらの方向にまるどこかの国があるのを知っているかのような仕草を見せた。
「中東のほうとか、いろんな爆弾とか落ちて、子供が死んだりしてるじゃないですか」
急に、中東で死ぬ子供の話をされてもわたしは戸惑うばかりだったが、彼女の言わんとするところは分かった。「でも、それとこれとは違うんだと思う」わたしは言わずにはいられない。「あなたはつらいと感じたんだし、それと、どこかで苦しんでいる別の人のつらさを比べて、泣くのを我慢する必要はないでしょ。つらいと思ったのは本当なんだから。わたしたちは、誰かがどこかで大変な目に遭っていても、目の前の生活で一喜一憂していくしかないんだよ。良くも悪くも、誰もが自分の人生を、大事に、頑張って生きるしかないんだから。だって、わたしなんて、どこかで戦争してようがそんなの気にもしないで、ここでプリンを食べて、挙句の果てに、そのプリンを食べ残してたりしてるのよ」
途中から自分でも何が言いたいのか分からなくなった。彼女もそう感じたのか吹き出した。
「加藤さん、いいこと言ってるようでいて、実は訳分かんないですよ」(「合コンの話」)


世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない」(宮澤賢治「農民芸術論綱要」)という阿呆リズムへのアンチテーゼだね、これは。

特定の主人公や設定で統一した短編集とは少し違いますし、短編ごとに趣向が異なっているからか、綺麗に並んだ作品集というよりは、謎の工芸品ができあがったような感触があり、こういう読み心地の本はあまりないのではないか、と感じています。(追記)


なんとなく言い訳みたいに聞こえるのだけど。これは伊坂作品の中では、中の下クラスかも。

2016/02/25(木)Shazamで韓国歌謡検索●
8時起床。
今朝の血圧は
150/72/71。
iPhoneのアプリの更新なんて長いことやってなかったが、久しぶりに音楽検索機能アプリを追加してみた。
音楽検索と言えば、ずっと前に「SoundHound」というアプリをダウンロードした当座は面白がっていろいろ試してたが、だんだん飽きてめったに使わなくなってた。韓国歌謡に対応してなかったこともある。今日、これまためったに使わないでいたiPhoneの秘書機能ソフト「Siri」をonにして、KBSラジオ放送流しながら「この曲のタイトルは?」と質問したら、ちゃんとハングルで歌手と曲名が表示された。思わず、手持ちの韓国楽曲でいろいろ試してみた。およそ2/3くらいの確率で曲名表示される。基本的には市販されてるCDの曲に限られてるようだ。画面をよく見たら、
Shazam」という表記があり、これで検索してるようだったので、ネットで調べて、ダウンロードしてみたのだ。どうせすぐ飽きるのだろうけど、しばらくは楽しめそう。
先日予約で借りた図書、今日が期限日で、延長できないので三宮図書館に返却に行く。図書館で雑誌など見て、隣のダイエービル6階のジュンク堂。たいてい三宮センター街のジュンク堂にしか行かなかったが、ちょっと雰囲気が違ってて、結構長時間冷やかして回る。
三宮図書館前広場の片隅でしばらくミニギター(^_^;) 地下道出入口LED照明で楽譜がはっきりと見えるコーナができたのが嬉しかったのだ。でも、やっぱりちょっと寒い(>_<) 適当に切り上げて8時半帰宅。
昼間梅田のスクランブル交差点に乗用車が突っ込み二人死亡したとか。運転中に突然心臓血管破裂みたいな症状が起きたためらしい。
鹿嶋さんから手紙。2月初めに旅行に行ったタイの便箋(多分)も可愛かったが、同封されてたレトロな紙袋に何とマヌル猫のスタンプが捺されていた(@_@) これは倉敷の「蟲文庫」という古本屋のものらしい。由来などは聞きそびれたみたいだが、マヌル猫ファンがいることがあちこちにいることがわかっただけでも嬉しい。ぼさぼさ毛並みに低い耳の位置などたしかにマヌル猫の特徴を捉えているし、ちょっと戸惑ったような表情も可愛い。鹿嶋さん、ありがとう(^_^)/
報道ステーションで、憲法九条が幣原首相の進言で作られたという音声データを発見したというスクープ。「戦争放棄と幣原首相の関わり合い」については、以前から取り上げられて、かなり信憑性が高いものとされていたが、こうやって当時の録音が発掘されたことは大きい。安倍晋三の「押し付け憲法論」への反証にもなるし、憲法論議、特に九条論議に一石を投じることになるだろう。
今日の歩数は5492歩。


"SHAZAM"で韓国歌謡検索 

クリーニング屋猫A 

B 

大安亭白雉A 

B 

倉敷古本屋の紙袋に(@_@) 

2016/02/24(水)●海岸通り
8時起床。
今朝の血圧は165/78/81。
焼きそば作ろうとしてソースが切れてたので、向いのプリンセスソースへ。いつも買う1リットルでなくて、1,8リットルのしかなくて、大将が、1リットルの値段にしておくから、これで我慢しといてくれという。ありがたくこれを頂く。流石にでかい。単身者用ではないな(^_^;)
午後は、JR灘駅から南に下って、海岸通り、灘浜方面へ。昨日は青山登山道方面に行ったので、今日は海岸方面。とりあえず歩いて、山にも海にも行けるというのは神戸の地の利というものである。
ちょっと気温は低いが日差しがあれば大丈夫。ひなたぼっこしながらミニギターと読書楽しむ。途中自転車に乗った小学生の一団が拍手してくれた。
ヤマダ電機を冷やかして、5時帰宅。
事故から5年近く経った今日になって、東電は「福島第一原発のメルトダウンの定義を明記したマニュアルが事故当時存在してたのにしようしていなかった」ことを明らかにした。東電が福島原発事故のメルトダウンを公表したのは事故の2ヶ月後。このマニュアルを参照していれば、事故直後に公表できたはず。東電は当時公表が遅れた理由を「炉心溶融(メルトダウン)を定義付けるものがなかった」ためとしていたが、これが真っ赤な嘘だったということだ。九電に続いて関電も原発再稼動始めたが、政府も電力会社も、根本のところがわかっていない。あるいはわからないふりをしているようだ。
今日の歩数は4379歩。


ソース一升瓶(^_^;) 

鳶 

サン・シスター 

野外劇場 

橋の下を艀が 

蒲公英 

雲 

雀の木