セグヮンの「チュルゴウンノレバン」Ver.4 
セグヮン楽しいノレバン

光化荘研究紀要第二輯に掲載された、くらくらさんの記事「世光 楽しいノレバン」 (26P)を読んだMorris.は、即座にこのCDROMの購入、並びにDOS/V機の導入を決心しました。何しろそれまで使ってた80年代のキューハチでは、手も足も出ないことはわかりきったことだし、どちらにしろそろそろ買い替えは必至だったので、渡りに舟というか、良いきっかけになったのです。
5月の日韓合同オフでソウルに行った時、ヨンサン電子街でこのCDROMの最新版を手に入れました。くらくらさんの記事のものに比べると曲数は600曲ほど増えていて、価格は店によってばらつきがありますが、24、000〜28、000ウォン。他社からも類似品は出ていたものの、WIN95対応はこれだけでした。あ、それから、これ買うときにB5 版40ページくらいの曲目一覧表をもらうのを忘れないように。CDROMのジャケットにも細かく印刷してあるし、ソフト中で選曲は出来るんですが、やはりこれはあると便利だし、楽しいです。
5月半ばに帰国するやいなや日本橋で富士通のFMV(DPTE)購入しました。配達された日さっそく部屋で件のCDROMをセットしてみました。最近のDOS/V機って本当にサルでも立ち上げられるんですね。「なんだ、簡単じゃねえか」とつぶやきながら韓国歌謡の渦の中に巻き込まれたMorris.は、本当にサルになってました。ほとんど半日パソコンの前から動けない状態。結局、Morris.はパソコンではなく「カラオケ専用機」を買ったのだという結論に達した次第です、というくらいすっかりはまってしまったわけです。ちなみにMorris.のDOS/V機の愛称は「ノレバン1号」と公式に認定されています。このCDROMは日本語WIN95で問題無く動きます。(多少の制約はありますが)
使用方法その他は前のヴァージョンと大差はないようなので、くらくらさんの記事に譲ることにして、ひたすら使用感想文を書くことにします。
ジャケットに麗々しく「2、640曲」とありますが、歌謡曲は1、000曲あまり、そのうち「最新ヒット曲」として300曲ほどがリストアップされているものの、キムゴンモの「チャルモッテンマンム」やパンミギョンの「イブエキョンゴ」あたりがあるという程度で、このソフトの制作時期が95年末か96年初めと思われるので、要するに95年の曲までということになりそうです。でも、まあ、日本の通信カラオケの韓国ニューヒットと比較しても遜色ないどころか、かなり充実してると言えるでしょう。(今のところは)いわゆるX世代の歌手やグループが多いのは、事実です。カンスージー(7曲)、015B (6曲)、キムゴンモ(8曲)、ソテジワアイドル(7曲)、シンスンフン(9曲)、ルーラ(6曲)、ユンジョンシン(4曲)、などのラインアップを見ればだいたいのところは解ってもらえると思います。その分、過去のアイドル歌手?への対応が冷たいようで、光化荘の尊師キムワンソンも、Morris.最愛のイジヨンも、ともに2曲しか入ってません。イジヨンに関して言えば個人的に偏愛してる「卒業」はともかく、最後のヒット曲「ヌッチアナッソヨ」は入れて欲しかったな。それに、ポンチャクディスコにも冷たい。最近超人気のキムヘヨンも1曲しかはいってないし、歌手プロフィールだって無いんだもの。Morris.の部屋に来たらとりあえず選曲番号629を押すというのが、仲間うちのしきたりみたいになっております。

【収録曲構成】 1.歌謡 1、087曲(最新歌謡約300曲含む) 2.歌曲 81曲 3.民謡 76曲 4.外国民謡 140曲 5.外国名曲 90曲 6.童謡 243曲 7.漫画映画主題歌 50曲 8.軍歌 35曲 9. クリスマスキャロル 80曲 10.讃美歌 558曲 11.POP SONG 200曲ただし最後のPOP SONG(要するに英語の歌)はハングルWINでしか使えないようです。憶測ですがこれは、著作権がらみで英語WIN上で動かないようにプロテクトかけてるんじゃないでしょうか。讃美歌が多いのにはびっくり状態で、クリスマスキャロルと合せると実に638曲。信仰心のないMorris.としてはその半分でいいから歌謡を増やして欲しかったです。外国名曲は意外と楽しめます。たぶん、学校の音楽で習う曲中心だと思うのですが、もちろん全部韓国語バージョンなので、これでレパートリー?がずいぶん増えたような気になれます。「ラクカラーチャ」や「サマータイム」など、結構面白いです。

【ゲーム4種】 1.「私も名歌手」16人の歌手名がマトリックスに表示され、歌手を指名するとその歌手の曲が流れる。 2.「挑戦X曲」16の数字の一つを選ぶとある曲のタイトルが出てその曲が流れるが、画面左に5段階の表みたいなのが出るが、これはよくわからない。 3.「ノレ宮合」前奏を聞いて歌手と曲名をそれぞれ9つの選択肢からえらびスタートボタンを押すと、正解ならボーリングでストライクの画面が出て20点もらえる。片方だけ正解だと10点。もちろん、その曲を歌うことになる。 4.「選択X世代」60,70,80年代、歌曲、民謡、童謡等を選ぶようになっていて、そのジャンルの曲が流れる。いずれも、ゲームというより、ランダムに選曲させる目的が強いように感じます。初心者?には1番が取っ付きやすいようです。とりあえず知ってる歌手選べば何とかなりますから。一番面白いのは3番かも知れませんが、前奏だけでわかる曲は少ないです。(知ってる曲の絶対量からして)

【歌手プロフィール】歌謡曲の約3分の1くらいは歌手の写真と簡単なプロフィールが出ますが、データとしての価値より、好きな歌手の顔出して喜ぶためのものと、割り切った方がいいと思います。
【歌唱ポイント】これも歌謡曲の約半分くらいに韓国語で、出だしの注意や歌唱ポイントなどが表示されます。結構面白そうなんですが、Morris.の実力では歌詞見るのに精一杯で、とてもこちらまで気が回りません。
【自動演奏】ジャンルを選んで自動演奏ができます。これはBGMにいいので、Morris. はよく利用しています。ただし、ジャンルのボタンと内容が食い違ってる事がままあります。これもハングルWINでないためかもしれません。Morris.の場合「ラップ」を選ぶとトロットがかかります。これでテンポを最速にすると簡易ポンチャクメドレーが楽しめちゃいます。
Morris.の「ノレバン1号」は15インチディスプレイなのですが、800×600ピクセルで使用してたのを、640×480に変更したらノレバンのフレームが画面いっぱいに広がったので結構雰囲気が出ます。もし17インチを使用されてる方ならかなり迫力ある画面を楽しめるのではないでしょうか。
先に書いたことと重複するかも知れませんが、Morris.の独断でこのソフトの長所と短所を挙げてみます。
【長所】・曲数が多い・安い(1曲あたり10ウォン以下)・そこそこ新曲が多い・キー、テンポ、ボリュームが変えられる・予約30曲可能・タイトル、歌手、唄い出し歌詞順で選曲できる・ジャンル別自動演奏可能・一部歌手の写真データ表示・操作性は良い・ハングル読み取りの練習になる・基本的に本メロが流れるので知らない曲でも唄えるし、うろ覚えの曲の練習にももってこい

【短所】・編曲は単純・サウンド的にもちょっと物足りない・映像は種類が少なく動きはとろい(MPEG使えば改善できるかも)・選曲画面がダサい・無い曲は唄えない(これは当たり前なんですが、つまり新曲などは新しいヴァージョンを買うしかない)・歌謡が全体の半分以下(歌謡専用のものを期待)短所と言っても、まあこの値段で、この内容は出来過ぎと言ってもいいくらいです。

音や映像で楽しむソフトの紹介を文章だけでやろうとすると隔靴掻痒の感が拭えませんが、このCDROMはDOS/V所有されてる光化荘会員、また、韓国歌謡にいくらかでも関心を持ってる皆様には、イチ押しの製品だと、断言しておきます。「ノレバン2号」「ノレバン3号」‥‥‥と、仲間が増えることを祈念しつつ、この辺でキーを打ち終えることにします。さあ、唄うぞぉ−−−−

[データ]・タイトル:セグヮンチュルゴウンノレバンVER.4.0(se-gwang jeul-geo-eun no-lae-bang V.4.0) ・使用環境:IBM PC 4860以上、メモリ8MB以上、MSDOS V.5以上、MS WIN3.1以上、 WIN用音楽カード、カラーモニター(256色VGAボード)、CDROM drive、マウス、スピーカー、MPEG対応・公共倫理審議番号:G9603-CR121 ・企画、編曲:世光音楽出版社・制作、供給:世光DATA TECHNOLOGY INC.LTD.

●韓国部屋TOPに戻る

●Morris.ホームページに戻る inserted by FC2 system